第1話 2020 TOKYO アメリカチーム滞在記碌ブログ



2020東京オリンピックにサーフィン競技が正式種目として加わり

光栄なことにサーフィンUSA代表選手の公式宿泊施設にペンションサードプレイスが認定されスタッフ一丸となって準備を進めてきました。


しかし日本政府は世界的なコロナウィルスパンデミックのため2021年への延期を決断

その後は世論や専門家は中止論や延期論が飛び交ったが、2021年開催に向けて更に快適に選手の方に使ってもらうための準備を進めました。


一宮町釣りが先海岸のオリンピック会場観客予定数は1日6000人。

警備員や大会関係者やスポンサーやボランティアを含めると相当な人数が一宮町を訪れ

記念すべき第一回目のサーフィン競技を音楽フェスと共に楽しみ熱狂するはずだった


しかし2021年7月8日、無観客でオリンピックを開催することを決定。


もともと招待される予定地元小学校に通う子供たちは、本当に会場で観るのを楽しみにしていた。

しかしオリンピックの空気感を生で感じることが出来ないのが最も寂しいが受け入れるしかなかった。


コロナ対策の一環でサードプレイススタッフ2名はアメリカ選手団やスタッフと共に

バブル(宿泊施設)からの外出や、外部の人と濃厚接触してはいけないというルールが課せられた。

選手やスタッフと数週間の期間を共に出来ることは人生で二度と出来ない経験。

この希少な経験を興味のある方と共有したいと思い2020 TOKYO アメリカチーム滞在記碌として開設しました。


そもそも文章は得意な方ではないので

やさしい視点で興味がある方は是非ご覧ください


Featured Posts